◆ 素朴なれども志高く ◆
草の花 俳句会
主   宰   名 和 未 知 男
創   刊   平 成 5 年 6月
師   系   藤 田 あ け 烏

 
● 句会: 東京(京橋・荻窪)・我孫子・川越・
  川崎・横浜・名古屋・大阪・宮崎
  全国つうしん句会・添削教室
ネット句会

● 俳誌「草の花」(月刊)
  主宰作品集  
  当月集作家作品集  
  雑詠-同人・会員
投句作品集
 
    (投句:毎月七句投句、五句掲載)
  作品鑑賞  
連載・閑話休題
特集(随時)

草の花会誌

好評「草の花」インターネット句会。
どなたでもご参加できます。

詳しくは→草の花インターネット句会
◆ ◆ 今月の作品より ◆ ◆
小路にもみな名のありて十三夜 名和未知男高架橋へ這ひて天まで蔦紅葉 柴田 孤岩
黒々と白山の暮れ火恋し くずの花葛城古道はるかなり 井上有利子
露寒やいまも富山の薬売り 行合ひの空や早稲刈る与謝郡 三谷 寿一
晩稲田は花かと見えて黄なりける 外套の襟立て渡る涙橋 鈴木 五鈴
佐久上田二つ平らの秋果つる 箸使ひの美しきひと冬至粥 鈴木 智子
この国の長寿の行方豊の秋 花八ッ手市電の通ふ町に来て 大野 信子
魚棲まぬみづうみ蒼く山眠る 細井 紫幸口髭の男がひとり夜鳴き蕎麦 山浦美代子
胞子飛ぶ山の日差しの冬蕨 鮟鱇鍋茨城弁も味の内 岩田 一止
枯れすすむ由布岳の裾野に着きにけり 阿波岐 滋海風の相模二の宮神迎 仲原 正典
紅葉散る真正面や豊後富士 冬の蠅次の世あらば手美人に 原田ゆふべ
燦々と日を透しけり紅葉渓 柴田 孤岩 
「あけ烏語録」より
私たちは静かに歩み始めよう。情熱といささかの抱負を秘めて。
俳句は作るよろこび、鑑賞するよろこび、志すものらが集うよろこび、
この三つを具足する「よろこびの鼎(かなえ)」であると、「草の花」は思う。
私は結社は屋根というふうに思っている。みんなが夕立に出会った時、あるいはカンカン照りの時、その庇にはいる。あるいは駆け込むようなこともあろう。
……
俳句は言葉の切れ端とも思える十七文字によって成り立つ。したがって原因結果、理屈、道義、格言などを含む論理的な答を求めるものではないし、その暇はない。むしろ答を嫌う文芸といえる。万言を以ってしても論理的に説明できないことを心理的、感覚的に把握するのが俳句といえる。
……
俳句は一人称つまり、自分を詠うものである。
 
「草の花」俳句会
〒182-0012 東京都調布市深大寺東町7-41-8
Tel/Fax:042(485)1679
  誌代:9,600円(年間)
見本誌進呈:左記まで