◆ 素朴なれども志高く ◆
草の花 俳句会
主   宰   名 和 未 知 男
創   刊   平 成 5 年 6月
師   系   藤 田 あ け 烏

 
● 句会: 東京(京橋・荻窪)・我孫子・川越・
  川崎・横浜・名古屋・大阪・宮崎
  全国つうしん句会・添削教室
ネット句会

● 俳誌「草の花」(月刊)
  主宰作品集  
  当月集作家作品集  
  雑詠-同人・会員
投句作品集
 
    (投句:毎月七句投句、五句掲載)
  作品鑑賞  
連載・閑話休題
・宮崎だより
・巻頭作家新作七句
特集・特別作品(随時)

草の花会誌

好評「草の花」インターネット句会。
どなたでもご参加できます。

詳しくは→草の花インターネット句会
◆ ◆ 今月の作品より ◆ ◆
定置網の先は茫々春の海 名和未知男チューリップ親指姫の棲むと云ふ 杉戸ゑるざ
境界線不詳の山や雪解風 すかんぽや鉄の匂ひの跨線橋 仲原 正典
みつまたの三枝に二つづつの花 山吹は一重がよろし水の音 丘 みどり
白蝶や水のにぎはふ里にゐて 広瀬川の流れゆるやか花吹雪 結城 真衣
みちのくのこと思ふ日や青き踏む 荒畑の砂塵舞ひけるよもぎ摘 児玉  薫
淡雪とともに消えたる旅ひとつ 生き替りして飛鳥人春田打つ 藤森実千子
納屋脇にひときは高き花辛夷 鈴木 五鈴海苔篊に附く一舟や冴返る 服部  満
坊守と縁側にゐて蓬餅 虫出しや水の底より泡一つ 三谷 寿一
葱嫌ひなれど愛しむ葱坊主 細井 紫幸春灯や広辞苑てふ座右の書 畠 千鶴子
咲き初むる藤やこよひの月満ちて 吾輩と言ひさうな猫木の芽和 佐藤 継穂
斑鳩はどの道ゆくも春落葉 潮﨑 政子警笛や線路ゆつたり孕鹿 有海 育子
「あけ烏語録」より
私たちは静かに歩み始めよう。情熱といささかの抱負を秘めて。
俳句は作るよろこび、鑑賞するよろこび、志すものらが集うよろこび、
この三つを具足する「よろこびの鼎(かなえ)」であると、「草の花」は思う。
私は結社は屋根というふうに思っている。みんなが夕立に出会った時、あるいはカンカン照りの時、その庇にはいる。あるいは駆け込むようなこともあろう。
……
俳句は言葉の切れ端とも思える十七文字によって成り立つ。したがって原因結果、理屈、道義、格言などを含む論理的な答を求めるものではないし、その暇はない。むしろ答を嫌う文芸といえる。万言を以ってしても論理的に説明できないことを心理的、感覚的に把握するのが俳句といえる。
……
俳句は一人称つまり、自分を詠うものである。
 
「草の花」俳句会
〒182-0012 東京都調布市深大寺東町7-41-8
Tel/Fax:042(485)1679
  誌代:9,600円(年間)
見本誌進呈:左記まで