◆ 素朴なれども志高く ◆
草の花 俳句会
主   宰   名 和 未 知 男
創   刊   平 成 5 年 6月
師   系   藤 田 あ け 烏

 
● 句会: 東京(京橋・荻窪)・我孫子・川越・
  川崎・横浜・名古屋・大阪・宮崎
  全国つうしん句会・添削教室
ネット句会

● 俳誌「草の花」(月刊)
  主宰作品集  
  当月集作家作品集  
  雑詠-同人・会員
投句作品集
 
    (投句:毎月七句投句、五句掲載)
  作品鑑賞  
連載・閑話休題
・宮崎だより
・巻頭作家新作七句
特集・特別作品(随時)

草の花会誌

好評「草の花」インターネット句会。
どなたでもご参加できます。

詳しくは→草の花インターネット句会
◆ ◆ 今月の作品より ◆ ◆
さくら蓼に大和の雨を思ひをり 名和未知男奈良墨の黒々とあり冬に入る 潮﨑 政子
梅林の枯るる日風の向き変はる 渾名なき教師増えたり漱石忌 横山遊邦子
禅林に初綿虫を見つけたり 冬木の芽いとほし山にひと日ゐて 小林 紀子
竹林に竹の風聴く十三夜 竹林に日の沁み透る寒露かな 三谷 寿一
チベットを偲ぶ寒夜のマニ車 徒に佇つ木の葉時雨の只中に 藤田 輝枝
ことさらに足音抑へ落葉道 島の灯の遠き揺らめき蟹雑炊 成見 純子
霙るるや旧谷中村尋めくれば 鈴木 五鈴霜降や誰ぞ火をたく山の寺 児玉  薫
笹鳴やしんがりの児のまた遅れ 澪つくしを打つ白波や鳥渡る 藤原 郁美
犬小屋壊す冬帽を深くして 火恋し山また山の甲斐に住み 向山 秀夫
波状雲いつしか崩れ冬菜畑 大野 信子知床にけものの匂ひ火恋し 池野 直人
石走るひとすぢの水冬苺 北村菜々子捨てられし都や落葉厚く敷き 水口 大介
「あけ烏語録」より
私たちは静かに歩み始めよう。情熱といささかの抱負を秘めて。
俳句は作るよろこび、鑑賞するよろこび、志すものらが集うよろこび、
この三つを具足する「よろこびの鼎(かなえ)」であると、「草の花」は思う。
私は結社は屋根というふうに思っている。みんなが夕立に出会った時、あるいはカンカン照りの時、その庇にはいる。あるいは駆け込むようなこともあろう。
……
俳句は言葉の切れ端とも思える十七文字によって成り立つ。したがって原因結果、理屈、道義、格言などを含む論理的な答を求めるものではないし、その暇はない。むしろ答を嫌う文芸といえる。万言を以ってしても論理的に説明できないことを心理的、感覚的に把握するのが俳句といえる。
……
俳句は一人称つまり、自分を詠うものである。
 
「草の花」俳句会
〒182-0012 東京都調布市深大寺東町7-41-8
Tel/Fax:042(485)1679
  誌代:9,600円(年間)
見本誌進呈:左記まで