◆ 素朴なれども志高く ◆
草の花 俳句会
主   宰   名 和 未 知 男
創   刊   平 成 5 年 6月
師   系   藤 田 あ け 烏

 
● 句会: 東京(京橋・荻窪)・我孫子・川越・
  川崎・横浜・名古屋・大阪・宮崎
  全国つうしん句会・添削教室
ネット句会

● 俳誌「草の花」(月刊)
  主宰作品集  
  当月集作家作品集  
  雑詠-同人・会員
投句作品集
 
    (投句:毎月七句投句、五句掲載)
  作品鑑賞  
連載・閑話休題
・わたしのブータン(隔月)
特集・特別作品(随時)

草の花会誌

好評「草の花」インターネット句会。
どなたでもご参加できます。

詳しくは→草の花インターネット句会
◆ ◆ 今月の作品より ◆ ◆
どの川も千曲の支流秋澄める 名和未知男海の上を薄雲速し十三夜 服部  満
朝露に濡るるも山の恵みなり 旧道に遺る碑萩の花 岸野 常正
伊達領に入るやたちまち朝の霧 秋刀魚焼く手に打ち塩の残りたる 羽田 れい
蕗の葉に掬びて青き秋の水 紫苑咲く日は山の端の雲の中 小林 紀子
秋暁ややまとの風に鹿とゐて かなかなや一茶の里の縄手道 三谷 寿一
母方は水軍の裔雁渡し 木犀や母郷遠のくばかりなり 丘 みどり
グライダーの影よぎりゆく花野かな 鈴木 五鈴望の夜や十二神将堂を出づ 小林 史子
夕映ゆる島の棚田の曼珠沙華 新涼の橋から橋を見てをりぬ 成見純 子
緋のカンナ見てより七曜飛ぶごとし 細井 紫幸大時化の海へ黙祷花むくげ 樋口 桂紅
金木犀の水にこぼるる日数かな 炯眼の涼しと見ゆる達磨像 川崎ふさ子
山道は池塘に開け弟切草 北村菜々子稲刈りて大塚小塚現るる 嶋村 紀彦
「あけ烏語録」より
私たちは静かに歩み始めよう。情熱といささかの抱負を秘めて。
俳句は作るよろこび、鑑賞するよろこび、志すものらが集うよろこび、
この三つを具足する「よろこびの鼎(かなえ)」であると、「草の花」は思う。
私は結社は屋根というふうに思っている。みんなが夕立に出会った時、あるいはカンカン照りの時、その庇にはいる。あるいは駆け込むようなこともあろう。
……
俳句は言葉の切れ端とも思える十七文字によって成り立つ。したがって原因結果、理屈、道義、格言などを含む論理的な答を求めるものではないし、その暇はない。むしろ答を嫌う文芸といえる。万言を以ってしても論理的に説明できないことを心理的、感覚的に把握するのが俳句といえる。
……
俳句は一人称つまり、自分を詠うものである。
 
「草の花」俳句会
〒182-0012 東京都調布市深大寺東町7-41-8
Tel/Fax:042(485)1679
  誌代:9,600円(年間)
見本誌進呈:左記まで